教育相談 第1回目 いじめの事実・・・ 評価B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数343
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    (1) いじめの事実を思い浮かべつつ、思いやりがあって権威に盲従しない、しっかりした人格を形成するために、教育はどのような援助が可能か考察せよ。 といった問題で2010年の提出で再提出なくBを取りました。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    指・教育相談
    2010/05/26 
    ********************************************************************************
    第一回
    いじめの事実を思い浮かべつつ、思いやりがあって権威に盲従しない、しっかりした人格を形成するために、教育はどのような援助が可能か考察せよ。
    ********************************************************************************
    思いやりとは心理学で「向社会的行動」であるが、アイゼンバーグによれば文化的影響、家族、学校、仲間、マスコミなどの周囲の影響を思いやり行動を促進させる条件として提示している。また思いやりを必要とする同じ環境下であっても「向社会的行動」をひき起こすには、気分の状態、行為に対する代価と利益、援助を受ける人の特徴、行為者自身の特徴によっても左右されるとアイゼンバーグは説いている。
    文化的影響に関してみれば、向社会的行動な傾向をもつ文化では、「子どもたちは家族の経済的安定と家族メンバーの福祉のため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。