書評『平和憲法の歪曲』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数616
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私は、この本を読む以前は、憲法九条について考えたことはおろか、考えようともしていませんでした。自衛隊が違憲か合憲かについても全く同様です。ですが、この『平和憲法の歪曲』を読んでから、なんて無知なまま生きていたのだろうと思わされました。憲法を改正できるのは私たち国民もその一員なのだから、知識を持ってこれらのことについて考えていかなければならないと思いました。
     私はこの本を読む前、自衛隊について、漠然と合憲だと考えていました。著者の指摘した

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私は、この本を読む以前は、憲法九条について考えたことはおろか、考えようともしていませんでした。自衛隊が違憲か合憲かについても全く同様です。ですが、この『平和憲法の歪曲』を読んでから、なんて無知なまま生きていたのだろうと思わされました。憲法を改正できるのは私たち国民もその一員なのだから、知識を持ってこれらのことについて考えていかなければならないと思いました。
     私はこの本を読む前、自衛隊について、漠然と合憲だと考えていました。著者の指摘した通りで、私は、政府が合憲としているのだから、合憲に違いはないだろう、と単純に考えていました。しかし、それは大きな間違いで、時々によって解釈を変える解釈改憲に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。