631 体育科教育Ⅰ 2単位目 配本年度2011~ 合格レポート 明星大学通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数898
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    631 体育科教育Ⅰ 2単位目 配本年度2011年度~ 合格レポート

    課題
    子ども達の運動技能習得の仕組みと効果的な習得のさせ方について考察せよ。

    講評
    技能習得のさせ方も再考すること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    631 体育科教育Ⅰ 2単位目 配本年度2011年度~ 合格レポート
    課題
    子ども達の運動技能習得の仕組みと効果的な習得のさせ方について考察せよ。
    講評
    技能習得のさせ方も再考すること。
    参考文献
    『テキスト保健体育』 出村慎一、松沢甚三郎、多田信彦、島田茂、池本幸雄 著(大修館)
    運動は単に体を動かすことと捉えがちであるが、実際の運動とは、脳を使い、神経を通って体の各部分に伝わり、各部分を緊張させたり緩めたりして、体中のあらゆる部分を使って動かすことで成り立っている。意図的に行う運動は、随意運動といい、意図せずに筋肉が動いてしまう運動を、不随意運動(反射運動)という。運動とは、最終的に運動指令が脊髄
    を通り、骨格筋に伝えられる筋収縮を起こすことで現れている。
     児童期の子どもにとって最も成長が著しいのは神経系の発達であり、これはその後の運動の基礎となる。神経系は、中枢神経系と末梢神経系に分けられる。中枢神経系は、骨格筋の連動をつかさどる大脳皮質の運動野や全運動野、知覚的情報を収集する視床、体内の環境を保つ自律神経系の最高司令部である視床下部、運動を円滑に協調して行うのに重要な小脳、脊..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。