753 初等体育科教育法 2単位目 配本年度2011~ 合格レポート 明星大学通信

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,429
ダウンロード数90
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    753 初等体育科教育法 2単位目 合格レポート 配本年度2011~ 

    ○課題
    5年生における「陸上運動」領域のハードル走についての単元を作成せよ。

    ○講評
    大変よくまとめられています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    753 初等体育科教育法 2単位目 合格レポート 配本年度2011~ 
    ○課題
    5年生における「陸上運動」領域のハードル走についての単元を作成せよ。
    ○講評
    大変よくまとめられています。
    参考文献
    「小学校学習指導要領解説」体育編
    「体育科教育学入門」 高橋健夫 岡出美則 友添秀則 岩田靖二編著 大修館書店
    陸上運動領域、ハードル走(全8時間)
    第5学年 男子18名 女子18名 計36名
    ◎運動の特性
    ・リズミカルにハードルを走り超え、全力でゴールまで走り抜ける運動である。
    ・一定の距離に置かれた数台のハードルを、一定のリズムで調子良く走り越し。心地良さを感じる
    ・相手と競争したり、自己記録に挑戦することが楽しい運動である。
    ・ハードルの高さ、インターバルを適当に設定する必要である。
    ・低い飛び出し、振り上げ脚、抜け脚の素早い動作、上半身のバランスの保持が、
     次のインターバルをより有効に作りだす動作となる運動である。
    ・走運動であるが、エネルギー系の体力だけでなく、柔軟性や調整力などの
    総合的な体力が高まる運動である。
    ◎児童から見た運動の特性
    ・上手にハードルを走り越えたりできると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。