621 図画工作科教育Ⅰ 1単位目 配本年度2011年~ 合格レポート 明星大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数501
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    621 図画工作科教育Ⅰ 1単位目 配本年度2011年~ 合格レポート



    課題
    1、テキストの「図画工作(美術/造形表現)教育の意義・目的」(第1章)を読み、1000字程度に大意要約せよ。
    2、テキストの「美術科教育の歴史」(第3章)を読み「山本鼎の自由画教育」と「久保貞次郎の創造主義美術教育」とを明治初期からの我が国の美術教育史の概略に位置づけ、1000字程度で説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    621 図画工作科教育Ⅰ 1単位目 配本年度2011年~ 合格レポート
    課題
    1、テキストの「図画工作(美術/造形表現)教育の意義・目的」(第1章)を読み、1000字程度に大意要約せよ。
    2、テキストの「美術科教育の歴史」(第3章)を読み「山本鼎の自由画教育」と「久保貞次郎の創造主義美術教育」とを明治初期からの我が国の美術教育史の概略に位置づけ、1000字程度で説明せよ。
    (1) 以下に、テキスト第1章『図画工作の意義・目的」について、各節ごとに要約する。
     1節においては、芸術活動の教育活動における基本的命題が挙げられている。児童の芸術は普遍的であり、また、教育におけるそれらの問題も普遍的である。
    その、普遍的命題とは、(1)芸術指導の諸方法と諸理念(2)芸術が一般教育の中で占める位置である。
     2節においては、芸術教育の内の図画工作科教育の基本的命題が挙げられる。図画工作科は、芸術教育を造形的表現活動として小学校学齢期の児童に向けて施すものである。命題としては、(1)造形的表現活動とはいかなるものか(2)指導可能なことはなにかの2つの点がある。
    3節においては、図画工作科設定の意義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。