S0714 実習研究(小)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数106
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    判定A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育実習をするにあたって留意すべきことを述べよ。
     教育実習は、教育課程を履修する者にとって大きな意味を持ち、教員になりたいという熱い気持ちを持った人が実際に学校現場で実習をするものである。つまり教育実習は現場体験というだけでなく、「教師」という職業に就くために、自分に何が足りなくて、これから何をするべきなのかを自覚する場でもある。
    教育実習期間中の授業は、専任教員が行う授業に比べて著しく教育成果が落ちる。指導教員は、実習終了後に後始末をしなければならない。受入れ中は、生徒指導や校務の時間を割いて、実習生の指導に当たらなければならない。
     これらのことを十分に承知し、自分の立場を自覚して教育実習に臨まなければならない。
    それでは、教育実習に必要なことを4点にまとめ、述べていこう。
    1.児童観
    児童の実態を把握することが授業づくりの第一歩である。なぜなら、実態把握は、授業の学習形態、方法等を決定する上で不可欠だからである。その教科や授業が好きか、楽しいかという情意面の実態だけでなく、○○ができているかどうかなど、具体的な知識・技能等の習得状況を個別に具体的なデータで把握することが大切であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。