教育心理学 リポート 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数287
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0105 教育心理学 第二設題
    『適応・不適応の心理的機制、またそれらから引き起こされる特徴的行動について説明せよ。』
    本レポートはまず適応、不適用、適応機制について詳しく述べる。
    適応
    個人と環境との相互作用において、両者の間に何らかの一致がみられる状態、または調和がとれている状態。人間は適応するために、いろいろな欲求を満足させようとして、自らの行動を調整する。
    不適応
    社会の秩序や規範に対して、何らかの理由によって調和・調整させていくことができなくなっている状態。
    適応機制
    適応を阻害する障壁や困難にぶつかったとき、これらへの対処を働かせる心的機能の基本となる機制を「適応機制(てきおうきせい)」という。また、破局や危機を防ぐという意味で「防衛機制(ぼうえいきせい)」とも呼ばれる。この「適応(防衛)機制」は理性的であるか、また妥当なものであるかという観点から、正常なものと異常なものに区分される。
    次に適応機制の種別について述べる。適応機制には以下の12種が存在する。
    抑圧
    心的エネルギーをそのまま発散させると不安や破局を起こす恐れがある時、自我がそのような衝動やそれに結びついた観念..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。