教育実習研究(小) リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数500
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価 B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0714 教育実習研究(小) 第一設題
    教育実習を成果あるものとするためには、実習生自身が目標をもって実習に臨むことが大切です。学習指導、生徒指導などの実習における自らの具体的な目標を3つ挙げて、どのように努力していくか、あなたの決意を述べなさい。
    本レポートでは、教育実習における自らの具体的な三つの目標を述べ、その目標に関して、どのように努力していくかを述べる。教育実習の目的、授業の中で大切なこと、教育実習生として責任を持って取り組む姿勢など、要求されるべきことをまとめ、自分の考え及び実習への決意を述べる。
    教育実習の目標を述べたい。
    第一に、自身に常に課題を与え、考えて行動し、謙虚な姿勢で取り組んでいきたい。教育実習の目的は、実際の教育現場で実習を行い、教師という任務がいかに重責かつ大変な仕事であるかを認識し、理解を深めることである。実習を行う私は教育者として未熟である。自分自身の考えにこだわりを持つことも時には大切だが、まずは現場の最前線で教師として働いている先生の話をよく聞き、十分参考にした上で行動することを徹底したい。また、失敗した際は、どこがどのように失敗だったか、どうす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。