学校教育職入門 リポート 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数190
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0525 学校教育職入門
    人にものを教える人を「教師」と言うなれば、万人が万人に対して教師と言える。幼い頃、私は両親からいろいろなことを教わった。洋服のたたみ方。朝起きたらおはよう。人から何かしてもらったらありがとう。万引きは絶対にするな。人をいじめてはならない。など、数多くのことを教えてくれた。そういった意味で、両親は「教師」でもあると言える。一方でこれに対して「教員」とは近代の学校を職場として、社会からそこでの教育を委託し、それに専門的に従事している職業人を指す。いわゆる教育のプロと言える。教員の場合は、近代教育制度によって制度化された学校において、公的に認定された資格をもって、意図的、計画的、専門的に教育活動に携わる。これらの基準を満たしていれば、人は教員になれる。人格的に問題があっても関係ない。もっと言ってしまえば「小手先のテクニック」さえあれば、生徒を愛さなくても、事実上教員に成り得てしまう。様々な人間が教員となれる時代になると、各々が有する教員像は多様化し、必然的に「教員に求められる資質」が議論されるようになる。教員には様々な資質が求められると考える。今や、学力低下や学級..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。