家庭教育の重要性について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数378
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学保育原理Iの課題レポート
    合格!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私たちは成長するにつれて、ある程度自分の事は誰の手助けを借りなくてもできるようになる。いわゆる基本的な生活を、何の問題無く自然にこなして私たちは生活している。しかし生まれたばかりの時は、一人では生きていけないほど未成熟で生まれて来る。もしもこのまま全く教育を受けていないままの状態だとしたら、お箸の持ち方、トイレの仕方、他人との接し方など、普通に生きていくための方法も分からないままである。
    人は誰かの世話なしには生きていくこともままならないような身体的・精神的に未熟な状態で生まれてくるのである。しかし、大人になったら私たちは少なくとも、普通に生活する分には、誰の世話になることなく、何の問題も無く生きていける。では私たちは、どのようにして基本的な生活習慣をみにつけ、社会の中で生きていくような術を身につけていくのだろうか。
     私たちがこの世に生れて、初めて出会う環境が家庭環境である。子どもは生まれた時からずっと親に世話をしてもらって保護されている。そして生きていくための術を初めて学ぶ環境が、家庭であり、親である。子どもにとっての親は環境そのものであり、親との関わりは、子どもの成長に大きな影..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。