施設養護の基本原理を用いて施設で生活する子供に必要な援助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数522
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    聖徳社会発達保育子供児童家族家庭問題人間

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    社会的養護の難しい課題です。合格レポートです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会環境の変化から、現在の子供を取り巻く生活環境は大きく変化し、少子化や核家族化などの進行によって、家庭内だけではなく、地域での関わりも希薄化している。それによって、家族が孤立化し、子育ての悩みや不安を相談できる人が身近にいないことから,子育てに困難さを抱える母親が増加してる。そのような原因から、自分の子供を虐待する親が増加していることが、大きな社会問題となっている。その上、親の離婚などによって、親と一緒に生活をすることが困難な子供や、子供の成長期に必要とされる十分な保育や教育を、受けることも困難になってしまい、保育所での保育が必要な子供たちや、子育ての為に何らかの支援や施設養護を必要としている家族が年々増加している。  
    このような様々な事情で、家族と共に生活をするための環境を得ることが困難な子供たちは、「家庭に変わる生活の場」として、児童福祉法の規定に基づいて、国や地方公共団体によって設置された児童養護施設などで生活をすることになる。施設に入所してきた子供達の、健全な成長発達のために、施設は児童にとって最適な援助を行う必要がある。ここで養護施設で必要な援助とは何であるのかを、述べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。