親子関係が子供の性格に与える影響について、自分自身の例を挙げて、考察して下さい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数894
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    保育科心理学のレポート
    ランクA合格でした

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     どうして自分はこんな性格なのだろう。自分はどんな性格なのだろう。などと、誰でも一度は考えたことがあるだろう。
    人の性格は様々だ。同じ性格の人間は二人りとしていない。社交的な人、温和な人、明るい性格の人、攻撃的な性格の人もいる。逆に、神経質な人、暗い性格の人もいる。
    自分の事だけではなく、「あの人はなんでああいう性格なのだろう」などと、他人の性格まで考える事も、多々あることだろう。そして更に、その人がどのように育てられたかまで、推測することがあるだろう。
    では果たして、性格の違いは、どのように生じて、性格はどのように形成されるのだろうか。
    私達は普段の生活の中で、多くの人と接し、様々な人間関係を持っている。人間社会では、他者との関わりが必ずついてまわる。そして、人と関わりを持つ上で、その人それぞれの、色んな性格が関係してくる。
    性格の考え方には、層構造のモデルがあり、中心部から気質、幼児性格、学習性格、役割性格の順番になっていて、一番中心の気質は、親からの遺伝によってほぼ確定する。次の幼児性格は、幼児期に親から学んで形成された性格で、ほぼ一生変わることがないほど、その後の人生に大きく影..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。