臨床心理学 「心理療法について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数313
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代の日本は様々な機器が普及し、そこから情報を簡単に手に入れることができるようになった。私たちは、それらに頼って生活するようになり、近隣の人や家族などとコミュニケーションをとる機会が少なくなっている。また、核家族化の進行や一人暮らしの若者が増えている。
     そのため、人とどのようにコミュニケーションをとれば良いのか、どのように対人関係を築けばよいのか分からない若者が増え、悩みを相談することもできずに一人で抱え込む人が増えている。このような人々が、今自分が置かれている状況を受け止められずに心身に影響が表れている場合がある。この状況を不適応状態といい、引きこもりや不登校などが挙げられる。この不適応状態に陥った人々を助けるために治療者は心理療法を用いて、利用者を援助する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「心理療法について述べよ。」
     現代の日本は様々な機器が普及し、そこから情報を簡単に手に入れることができるようになった。私たちは、それらに頼って生活するようになり、近隣の人や家族などとコミュニケーションをとる機会が少なくなっている。また、核家族化の進行や一人暮らしの若者が増えている。
     そのため、人とどのようにコミュニケーションをとれば良いのか、どのように対人関係を築けばよいのか分からない若者が増え、悩みを相談することもできずに一人で抱え込む人が増えている。このような人々が、今自分が置かれている状況を受け止められずに心身に影響が表れている場合がある。この状況を不適応状態といい、引きこもりや不登校などが挙げられる。この不適応状態に陥った人々を助けるために治療者は心理療法を用いて、利用者を援助する。
     心理療法は、①心理的・社会的不適応状態を改善すること、②一度回復してから再び不適応状態に陥らないようにすること、③前向きで幸せな生活を送れるようになること、という目的をもっており、治療者は利用者がこれらをできるように援助していく。次に人々が不適応状態に陥る原因を述べ、心理療法の具体的な技法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。