教育相談(カウンセリングを含む)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数365
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「今日の多くの学校や研究所相談室では、来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法が活用されている。この2つを基礎的な理論面、技法面、長所短所等を比較しながら述べよ。」
     
     現在、学校や研究所相談室でのカウンセリングの必要性が注目されている。ここでは、「来談者中心療法」と「行動療法」の2つのカウンセリング技法を比較しながら、述べていく。
    <来談者中心療法>
     まず、来談者中心療法とは、ロジャーズが創始し発展させてきた心理療法の一つである。人間は実現傾向を有する自発的存在であるとする人間観を根底にした、クライエントの問題解決力、自己決定能力に完全な信頼をおく態度が強調される。 
     ロジャーズは、人間は誰でも豊かに成長する資質を自己の中にもっており、日々の生活は、その成長へ向かうものであると考えた。かたわらにいる人が、その問題や悩みを心から耳を傾けて聴くことによって、問題を抱えた人は再び、自分の力で前に歩んでいくことが可能になると主張した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「今日の多くの学校や研究所相談室では、来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法が活用されている。この2つを基礎的な理論面、技法面、長所短所等を比較しながら述べよ。」    現在、学校や研究所相談室でのカウンセリングの必要性が注目されている。ここでは、「来談者中心療法」と「行動療法」の2つのカウンセリング技法を比較しながら、述べていく。 <来談者中心療法>  まず、来談者中心療法とは、ロジャーズが創始し発展させてきた心理療法の一つである。人間は実現傾向を有する自発的存在であるとする人間観を根底にした、クライエントの問題解決力、自己決定能力に完全な信頼をおく態度が強調される。   ロジャーズは、人間は誰でも豊かに成長する資質を自己の中にもっており、日々の生活は、その成長へ向かうものであると考えた。かたわらにいる人が、その問題や悩みを心から耳を傾けて聴くことによって、問題を抱えた人は再び、自分の力で前に歩んでいくことが可能になると主張した。  ロジャーズは、カウンセリング関係において,クライエントに建設的な変化をもたらす 心理的条件を6つ挙げている。 ①カウンセラーとクライエントの関係に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。