「子どもの「個人差」について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数4,419
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「子どもの「個人差」について述べよ」
     
    人は皆それぞれに違った個性をもっている。背が高い人や背が低い人、優しい人や意地悪な人など、一人ひとり異なる。このような、精神的、身体的な違いのことを「個人差」という。特に子どもの個人差というものは、保育を行ううえで重要なものになる。
    ここまでを踏まえたうえで、まず「知能」という面から見た、子どもの個人差について考えていく。
    人の行動には、昔から知・情・意といわれてきているように、知的行動、情緒的行動、意思的行動の3つの側面があり、それぞれ個人的な特徴があらわれる。そして、「気質(temperament)」は、主として情緒的行動における特徴をもたらす個人的要因を説明する概念として、性格(character)は気質のように情緒的行動だけでなく、意思的行動を含めての行動における特徴をもたらす個人的要因を説明する概念として用いられる。
    また、パーソナリティ(personality)は、知的行動における特徴をもたらす個人的要因を含めて、人の全体的な行動における特徴をもたらす個人的要因を説明する概念として用いられる。
    したがって、パーソナリティは気質や性格よりも広い意味内容をもつ概念ということになるが、オールポート(Allport,G.W)は、「個人のうちにあって、その個人に特徴的な行動や思考を規定する、心理的・身体的体系の力動的体制である」と定義されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「子どもの「個人差」について述べよ」
     
    人は皆それぞれに違った個性をもっている。背が高い人や背が低い人、優しい人や意地悪な人など、一人ひとり異なる。このような、精神的、身体的な違いのことを「個人差」という。特に子どもの個人差というものは、保育を行ううえで重要なものになる。
    ここまでを踏まえたうえで、まず「知能」という面から見た、子どもの個人差について考えていく。
    人の行動には、昔から知・情・意といわれてきているように、知的行動、情緒的行動、意思的行動の3つの側面があり、それぞれ個人的な特徴があらわれる。そして、「気質(temperament)」は、主として情緒的行動における特徴をもたらす個人的要因を説明する概念として、性格(character)は気質のように情緒的行動だけでなく、意思的行動を含めての行動における特徴をもたらす個人的要因を説明する概念として用いられる。
    また、パーソナリティ(personality)は、知的行動における特徴をもたらす個人的要因を含めて、人の全体的な行動における特徴をもたらす個人的要因を説明する概念として用いられる。
    したがって、パーソナリティは気質や性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。