発達心理学 「社会環境と発達病理について述べなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数217
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会環境と発達病理について述べていくうえで、まず社会環境と発達病理についてそれぞれ述べていく。
     社会環境とは「人」をとりまく他者の集合体と物質的、精神的なものも含めて「社会環境」という。一般的に家庭、地域、学校、職場、その他のものひとつにマスメディアの情報などがあげられる。戦後から近年において日本は大きく変化したといえる。
    家族環境においては核家族化、少子化の進行、女性の社会進出がめざましくなり、また晩婚化が起きている。また、晩婚化に伴い、共働きの家庭も増加している。
    地域環境においては都市に人口が集中し地方は過疎化する地域もある。学校や職場以外でも交遊の場がふえ人とのつながりも様々な形態が多くなり変化している。
    また、近年マスメディアが普及している。テレビやインターネットなど、あらゆるものの情報が手に入る環境に変化している。
    次に発達病理とは、「ある年齢段階にいるものに対して社会が要求する行動が常識的と考えられる枠から逸脱している」とされている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会環境と発達病理について述べなさい。」  社会環境と発達病理について述べていくうえで、まず社会環境と発達病理についてそれぞれ述べていく。  社会環境とは「人」をとりまく他者の集合体と物質的、精神的なものも含めて「社会環境」という。一般的に家庭、地域、学校、職場、その他のものひとつにマスメディアの情報などがあげられる。戦後から近年において日本は大きく変化したといえる。
    家族環境においては核家族化、少子化の進行、女性の社会進出がめざましくなり、また晩婚化が起きている。また、晩婚化に伴い、共働きの家庭も増加している。
    地域環境においては都市に人口が集中し地方は過疎化する地域もある。学校や職場以外でも交遊の場がふえ人とのつながりも様々な形態が多くなり変化している。
    また、近年マスメディアが普及している。テレビやインターネットなど、あらゆるものの情報が手に入る環境に変化している。
    次に発達病理とは、「ある年齢段階にいるものに対して社会が要求する行動が常識的と考えられる枠から逸脱している」とされている。
    そして、そのような行動特性が社会現象として認識される場合、例えば「近代社会の急速なIT技術..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。