「「離乳」に関する最近の考え方について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数296
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉情報子ども発達社会健康保育幼児リスク

    代表キーワード

    離乳

    資料紹介

    まず、はじめに離乳とは、母乳または育児用ミルク等の乳汁栄養から幼児食に移行する過程のことをいう。この間に乳児の摂食機能は、乳汁を吸うことから、食物をかみつぶして飲むことへと発達し、摂食行動は次第に自立へと向かっていく。
    出生直後の乳児(新生児)が、最初に口にする食物は乳汁である。乳汁栄養は、出生後最初の食生活のはじまりである。
    乳児は、摂食機能、消化吸収機能が未熟であり、食生活の過誤は容易に疾病罹患につながることも、この時期の大きな特徴の一つとなっている。
    また、感染に対する抵抗力も低いため、食物を介して感染も発生しやすく、その点に配慮した食生活でなければならず、育てる人の十分な能力が求められる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「「離乳」に関する最近の考え方について述べよ。」  まず、はじめに離乳とは、母乳または育児用ミルク等の乳汁栄養から幼児食に移行する過程のことをいう。この間に乳児の摂食機能は、乳汁を吸うことから、食物をかみつぶして飲むことへと発達し、摂食行動は次第に自立へと向かっていく。
    出生直後の乳児(新生児)が、最初に口にする食物は乳汁である。乳汁栄養は、出生後最初の食生活のはじまりである。
    乳児は、摂食機能、消化吸収機能が未熟であり、食生活の過誤は容易に疾病罹患につながることも、この時期の大きな特徴の一つとなっている。
    また、感染に対する抵抗力も低いため、食物を介して感染も発生しやすく、その点に配慮した食生活でなければならず、育てる人の十分な能力が求められる。
    十分な母乳の分泌は、乳児の心身の健康にとって不可欠なことであるが、すべての母親が、十分に母乳分泌があるとは限らない。
     離乳の開始時期は、生後5か月ごろが妥当と考えられているが、あくまで個人差があり、発育が遅い子は離乳の開始を遅めにと、個性を尊重することが望ましい。
    母乳で順調に発育できるのは生後5ヶ月くらいまでであり、人間として成長・発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。