「幼児保育の基本と、教科「生活」の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数289
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「幼児保育の基本と、教科「生活」の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ」 
     幼児保育の基本と教科「生活」との関連や連続について考察するにあたり、まず幼児保育の基本について、幼稚園教育要領に沿って述べていく。
     幼児保育は「環境を通して行う教育」であるとされている。ここで指される「環境」とは、人的環境、物的環境、自然環境の3点であり、子どもを取り巻くすべてのものが環境といってよい。しかし、子どもたちは未熟な故に自らの力でこれらの環境を構成することは困難である。そのため、保育者には子どもたちが積極的にかかわりたくなるような環境を用意することが求められる。
     幼稚園教育要領では「生きる力の基礎となる心情・意欲・態度」を育むことをねらいとしている。 
    これらを幼児の発達の側面から、心身の健康に関する領域「健康」、人とのかかわりに関する領域「人間関係」、身近な環境とのかかわりに関する領域「環境」、言葉の獲得に関する領域「言葉」、感性と表現に関する領域「表現」という5領域にまとめ、示したものである。 
     各領域の示すねらいは、幼稚園における生活の全体を通じ、幼児が様々な体験を積み重..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。