「子ども家庭への相談・援助活動について述べよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,697
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子ども家庭への相談・援助活動について述べよ」 
     子どもと家族の福祉に関する相談援助では、子どもの人権と社会正義を拠り所としつつ、第一義的な受益者が子どもであるがゆえに生じる特性を踏まえて展開する必要がある。
     では今回は、「こども家庭への相談援助活動」、「施設におけるケアと児童福祉援助活動」、「地域における活動とネットワーク」、の3点に焦点を当てて、以下述べる。
    (1)子ども家庭への相談援助活動について述べる。
     子ども家庭への相談援助活動では、子どもや子育ての特性から問題が発生しているため、ソーシャルワークの一般理論ではふれられない固有な考え方や知識が必要となる。
     相談援助欠道の基本視点としては①エコロジカルな視点、②子どもの発達の視点、③文化的視点、④パーマネンシーの視点、⑤家族を支える視点、⑥司法関与の視点、がある。
    この6つの視点について簡潔に述べる。
    ①エコロジカルな視点とは、問題が人と環境との相互作用のなかで発生していると捉えるエコロジカルな事象の捉え方と子ども家庭にかかる社会学的理解が交わるところで、目指すべき子ども家庭の相談援助を理解することである。
    ②子どもの発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。