特別支援学校における教育課程の編成と教育目標について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数180
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「特別支援学校における教育課程の編成と教育目標について述べよ。」
     教育課程とは、各学校が諸法令や学習指導要領に準拠しながら、教育の目標や目的を達成するために、地域や学校の実態や幼児児童生徒の心身の発達に応じて、教育内容を意図的・計画的に編成し、授業時間数との関連において教育内容を選択し組織し配列した教育計画のことである。特別支援学校での教育課程は、障害のある子どもに対して、各学校に準じる教育を施すとともに、障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識技能を授けるという目的を達成するため、上記の事柄に加え、幼児児童生徒の障害の状態や発達段階・特性なども十分考慮したうえで、計画される必要がある。
     このような、目的を達成するために各学校が実際に掲げるものが教育目標である。特別支援学校では、幼稚部、小学部、中学部、高
    等部がそれぞれの目的を達成するために掲げている目標に加え、「障害による学習上又は生活上の困難を改善・克服するために必要な知識、技能、態度及び習慣を養うこと」(学校教育法第1章「総則」)を目標として掲げている。
     教育課程を編成し、教育計画を作成・実施して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。