学習障害、注意欠陥多動性障害、高機能自閉症の各障害の特徴と支援のあり方について解説し、学級における配慮点についてまとめよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数331
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学習障害、注意欠陥多動性障害、高機能自閉症の各障害の特徴と支援のあり方について解説し、学級における配慮点についてまとめよ。」
     本レポートでは、学習障害、注意欠陥多動性障害、高機能自閉症の特徴、支援のあり方、学級における配慮点についてそれぞれまとめていく。
    〈学習障害〉
     学習障害(LD)は学習上の問題を主症状としている。LDの基本症状としては、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習得と使用の著しい困難があげられる。LDの読み書きを中心とする問題は、文字の音読や書字が苦手、文章題の理解が難しい、図形がうまく書けない、加減乗除の計算が苦手等といった、国語や算数等の各教科の中で現れやすい。また、LDとADHDの合併率が高いことや、指先のコントロー
    ルなどの視覚―運動系の問題との関連から手先が不器用であるなどといった行動特徴が示されることも多い。
     学習障害(LD)の子どもに対する支援のあり方としては、読み書きに対し文字の大きさや文字感の間隔に配慮したり黒板を分割して使用するなど誰もが理解しやすい板書の工夫や書字や計算が不得手なことに対してパソコン・電卓使用などの工..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。