イギリス文学史Ⅰ-分冊2

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,034
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【平成23-24年度】日大通信レポート イギリス文学史Ⅰ分冊1 【項目オールA評価合格】
    文字数分かる原稿用紙レポート (*1マスに入れるアルファベットの数は任意。読めれば可とされます)
    引用は日大通信教育部テキストのみ使用。
    素直にまとめましたが評価はオールAです。
    分冊Ⅰに引き続きこちらも参考になさって下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初めに、イギリスの社会状況について説明する。17世紀、英国民が絶対王政から自由を勝ち取るための革命、清教徒革命と名誉革命が起こった。
    イギリスの王(JamesⅠ, 在位1603-25)に即位したスコットランド王ジェイムズ、次のチャールズ一世(CharlesⅠ, 在位1625-49)の二人は、「王権神授」(Devine Right of Kings)とする専制君主を敷いた。王を支持する高教会派(Cavaliers)とそれに抵抗する議会派(Roundheads)は対立した。議会派には清教徒が多かったため清教派とも呼ばれる。1640年より議会特権と専制君主の改革が始まり、1649年、遂に国王チャールズ一世は処刑され、共和国が設立された。オリヴァー・クロムウェル(Oliver Cromwell, 1599 - 1658)が政治を執ったが結果的には王政と同じ独裁政治となった。オリヴァーの息子のリチャード・クロムウェルのとき、1660年、議会はフランスに亡命していたチャールズ二世を呼び戻し、1660年にスチュアート王朝が復活した。これをイギリス王政復古と云い、ここまでを清教徒革命(Puritan ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。