【Z1110】教育問題の研究 佛教大学 A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数393
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第一設題:学校における各指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教区相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    A評価をいただきました。認識として、科目最終試験でも90点でした。
    年代的なことも含め、必ず一読して適宜変更するなり、学習の参考にしてください。

    テキスト:学校カウンセリング入門(改訂版)ミネルヴァ書房刊

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代社会は、心の時代と呼ばれることがある。戦後進んだ核家族化、少子化、教育現場の変遷、若者達の趣味趣向の変化など、さまざまな変化によって、人の心のあり方を問われることが多い。非行、不登校、いじめなどは、昔から多少なりとも見られたケースではありながら、現代においては社会現象と言っても過言ではないだろう。学齢期に当たる若者に関わる非行、不登校、いじめの問題は、教育現場の教師が直接関わることも多い中、教師だけでは対応しきれない根の深い問題も多々あるようで、スクールカウンセラーという、カウンセリングの専門家を配置するケースも見られてきているのは、現代社会、現代の教育現場の一つの特徴かもしれない。
     一般に「カウンセリング」というと、成人に向けた「精神分析的カウンセリング」と、児童や生徒に向けた「発達援助的カウンセリング」があり、相談に乗る人物によっても職業・就職のための指導「キャリアカウンセリング」、医療関係の技術者が相談に当たる「パラカウンセリング」、同僚や友人、中間が相談に乗る「ピア-カウンセリング」、先輩や上司が相談に乗る「ラインカウンセリング」など、専門家ではない人物が相談に乗るカウ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。