【Z1003】英語コミュニケーション A判定レポート 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,291
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大変よいと評価いただきましたレポートです。学びの参考にしてください。全文を要約したものに対する意見も書いておりますので、要約するための資料になると思います。(2)の英文での問題にも答えておりますのでご参考に。【参考文献】People are funny:マクミラン・ランゲージハウス刊

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)テキストの第一章から第六章までを読んで、それぞれの内容に関する自分の意見を日本語で述べなさい。
    ●アメリカ
    会ったとたんに強く握手を求めたり、出会って間もない人をハグしたり。たしかにアメリカ人はそういう感覚があり、好奇心旺盛だ。自国を強く愛し、アメリカはナンバー1だと豪語する自国愛もあるだろう。おそらく移民の集まりから発した歴史の浅い国は、そういった自国愛を扇動することも、立国には必要だったのかもしれない。興味深いのは、アメリカ人が、自国が世界一だと言っているのに、国家組織には否定的である一面を記述したくだりだ。また拳銃やタバコ、暴力が蔓延しているアメリカの問題にも言及している点は、アメリカ人からすれば、触れられたくない一面かもしれない。またスポーツ界や起業によってつかめる「アメリカンドリーム」。努力をすればつかめるかもしれない夢についても、一方では正論で、また一方でシニカルに表現しているところも興味深い。食文化については、笑ってしまうほどシニカルだ。ジャンクフード、ファストフードの国、アメリカ。これらをおいしそうにほおばるアメリカ人が目に映るようだ。アメリカのさまざまな面を実に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。