【Z1104】教育社会学1 佛教大学 A判定レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数370
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ●学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行するとどのように変化するかについて、学力の視点から述べてください。
    他資料も参考にしながら書きました。学習を深める参考にしてください。
    【参考文献】「教育の比較社会学」学文社刊、「学力論争とはなんだったのか」ミネルヴァ書房刊

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力に視点から述べてください。
     学歴社会とは、学力、学歴が就職などの選別をする際の指標となることであり、「教育の比較社会学」P34によれば「社会における社会的、職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを締める社会」とある。かつての日本は士農工商という階級制度であり、生まれた時から武士の子どもは藩校に通って武士になるための勉強をし、商人の子どもは寺子屋で読み書きそろばんなど実務を習って商人になる、という具合に将来が決められていた。その後、明治維新を経て、幅広いリーダーが必要とされる社会になると、質量両面でリーダーを育成するため、学校という場により広い階層の子どもを集めて教育し、学校に置けるパフォーマンスに応じて社会的・職業的地位を割り振るようになった。これが学歴主義の始まりである。アメリカの実力・能力主義と比較して、学歴社会が批判されることが多いが、日本の学歴社会は、もともとは階級の枠を超えて、学校という場で自由に競うことができる実力主義を執るためのひとつの方策であったのだ。では、学歴だけでその人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。