佛教大学 教育相談の研究 【A評価リポート】設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数800
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校における各種指導(教科指導・生徒指導・進路指導・特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。

    教科書と参考文献を踏まえて論じました。
    教科書の内容を整理したい方にご活用頂ければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    家庭環境の複雑化、生き方の多様化した現在、学校での子ども達の問題も複雑化・多様化してきている。そうした問題に対して、平成7年に当時の文部省は、カウンセリングの専門家を教育現場に派遣することを決めた。各種指導とカウンセリングのあり方について論じる前に、カウンセリングの定義について論じてみたい。
    カウンセリングというものは、その対象・目的に応じて大きく二つに大別することができる。一つは、治療的カウンセリングと呼ばれ、もう一つは発達援助的カウンセリングと呼ばれる。治療的カウンセリングというのは、専門的な知識を用いて患者を治療するもので、医療的な色彩が強いものであり、その手法は、人間の中にある無意識に特化して、その中にある自分を意識させることにより改善を促すものや、自由連想法といい、頭に浮かんでくるものを自由に連想させて、無意識を明らかにしようというものがある。いずれにせよ、患者の無意識に迫るということが重要である。この手法は、精神的に発達を終えた成人に対して有効であると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。