教育社会学1 【A評価合格リポート】 設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数453
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。

    教科書と参考文献の「学力論争とはなんだったのか」を踏まえて論じました。
    リポート作成にあたり、2冊の内容を整理したい方はご活用ください!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    昨今、学歴社会の崩壊が叫ばれ、学力低下に関する議論が広く展開されている。学歴社会とは、社会の中において社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会のことである。企業が入職前の学生の知識や技術を十分に計り知ることは不可能なことであり、学生を雇用するにあたり一定の基準が必要であった。そこで、学歴が一つの基準として用いられはじめて学歴社会の始まりを迎えることになった。生徒や学生らはこの社会の中で安定した幸せな生活を求めて、高学歴を望んでこれまで勉強に勤しんできた。しかし、長期の不況時代に突入し、これまで安定していると思われていた大企業でもリストラが横行し、学習者から学習する意味を奪ってしまったと言われている。いわゆる意欲格差社会の進行である。また、学歴は単に大学受験時における学力を示しただけであり、現在のような生涯学習化した社会では特にその人の将来性を拘束してしまうという問題、また、学歴はその人の単なる一面を表現しているに過ぎず、学歴でその人の評価を決定的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。