教育原論1 Z1102 【A評価合格リポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数358
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教科書のみでハヴィガーストの発達課題をまとめず、ハヴィガーストの著書を読んでまとめたところ、
    「各年齢別の発達課題をうまく説明して記述している」としてA評価を頂きました。
    ハヴィガーストの専門書の内容を参考にしたい方は、是非ご活用ください!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題についてまとめよ。
    人間にとって、教育は必ず必要なものである。この教育の必要性を、発達段階に応じた発達課題をこなしていくことから説明したのが、ハヴィガーストである。彼の提唱する発達課題は、幼児期・児童期・青年期・壮年期・老年期の大きく5段階に分類され、それぞれの段階においての課題を立派にこなすことができれば幸福になり、その後の課題も成就できるが、失敗すれば、不幸になり社会で認められないし、その後の課題も達成することが困難になるというものである。それでは、各発達段階における特徴を考察しながら、最後に自分なりの意見を述べて締めくくりたい。
    ハヴィガーストの発達段階における初めのステージは幼児期であるが、その前段階に胎児期がある。胎児期の発達課題は、諸器官を生物学的に形成することである。しかるべき時期にしかるべき器官が発達しなければ、その他の器官の発達も遅れてしまうというものである。このように、本人や親の努力によらない、先天的な課題も中には含まれる。やがて幼児期に突入すると、幼児期の発達課題は以下の大きく4つに分けることができる。第一に、歩行の学習がある。生後9ヶ月に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。