452 教育方法学2(1単位目)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数194
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    452 教育方法学2(1単位目)です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 明星大学通信教育部
    452 教育方法学Ⅱ 1単位目合格レポート
    配本年度2013
    1単位目
     教育方法の工学的アプローチとしての教育情報工学の目指すところと、日本における教育情報工学の
    歴史的展開を、社会及び教育観の変遷、並びに教育実践との関連においてまとめよ。
    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    講評
     よくまとめられたレポートであると評価します。
    引用・参考文献
    『インターネット時代の教育情報工学1』岡本敏雄編著(森北出版) 2002年度~
     このレポートでは、教育方法の工学的アプローチとしての教育情報工学の目指すところと、日本における教育情報工学の歴史的展開を、社会及び教育観の変遷、並びに教育実践との関連においてまとめる。
     教育は、それを受ける権利と機会を万人が有しており、これは教育基本法の原理に基づいている。しかし、この教育基本法の原理は、現代の高度情報化社会における競走的市場原理とは相反するものである。社会が変化するように、教育もその在り方を変えてきたが、現代では、教育外の世界との繋がり方が問われている。その最もたる例がインターネットであり、これに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。