453教育史概説(2単位目)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数100
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    453明星大学通信教育「教育史概説」(西洋史分野) 2単位目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 明星大学通信教育部
    453 教育史概説「西洋教育史」分野選択者用課題
    2単位目合格レポート 配本年度 2011年度~
    2単位目
    1.中世の大学の成立について説明せよ。
    2.宗教改革期の教育について説明せよ。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    講評
    1、事例を示し、具体的によく説明しています。
    2、背景にふれ、ルターを中心によく検討しています。
    引用・参考文献
    『教育史』田中克佳編著(川島書店) 2011年度~
    1 ここでは、中世の大学成立について説明する。
     中世の大学成立について説明するとき、12世紀のルネッサンスを避けては通れない。そもそもルネッサンスが起こったきっかけは、西方世界で失われ、東方世界で保存・発展させられていた古代の学芸あるいはアラビアの学問が、西方に持ち帰られた。これをきっかけに、弁証法、神学、教会法の研究が促進され、あるいはローマ法が復活し、また商業と市政の発達は、特にイタリア諸都市において、世俗的興味と世俗的学問を刺激した。こうしてこれらの学問は「12世紀のルネッサンス」と呼ばれ、そしてこの流れか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。