教育史概説(西洋史) 3単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数277
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度に明星大学通信教育部人文学科で合格した「教育史概説(西洋分野)」のレポートです。
    皆さんの勉強の手助けになればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 明星大学通信教育部
    453 教育史概説「西洋教育史」分野選択者用課題
    3単位目合格レポート 配本年度 2011年度〜
    3単位目
    1.コメニウスの教育観について説明せよ。
    2.ルソーの教育観について説明せよ。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    講評
    1、特色について、よくまとめています。
    2、同上、「エミール」を精読し、さらに深めましょう。
    引用・参考文献
    『教育史』田中克佳編著(川島書店) 2011年度~
    1 このレポートでは、コメニウスの教育観について説明する。
     多くの教授学者の中で、今日、最も著名であり、時に「近代教育の父」とも言われるコメニウスは、チェコスロバキアのモラビアで生まれる。彼は祖国を追われ、ヨーロッパ各地を転々とする生活の中で、教育理論書『大教授学』、そして挿絵入りの教科書『世界図絵』を著した。これらを書いた理由とは、祖国の独立と全ヨーロッパの平和、ひいては人類の救済こそが神の至福であると考え、またその実現は、青少年の正しい教育以外にないと確信したからである。『大教授学』の標題に記されている、国柄、性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。