教育心理学 4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数286
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度に明星大学通信教育部人文学科で合格した「教育心理学」のレポートです。
    皆さんの勉強の手助けになればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 明星大学通信教育部
    000457 教育心理学 4単位目合格レポート 配本年度 2009年度~
    4単位目
    学習について述べなさい。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    講評
    各々の学説の特徴についても論述され、丁寧に取り組まれている姿勢が伺えます。
    引用・参考文献
    『改訂 教育心理学の最先端』荒木紀幸(あいり出版)
     このレポートでは、学習ついて述べる。
     まず、心理学で古くから使用されている学習の概念として「行動が経験によって多少とも持続的な変容を示すこと」とされている。このような学校での学習だけでなく、動物の行動までを含めた広範囲における学習の概念に共通することは、基本的に何らかの経験に基づいた行動の変容を含んでいることである。「経験による比較的永続的な行動の変容」による定義から、まず、成熟による行動変容は学習から除外される。また、学習は反射や本能に基づく生得的な行動とも区別される。さらに、一時的な興奮、薬物投与、あるいは披露などによる一時的な行動変容も学習から除外される。
     最近の学習の捉え方は、学習を個人の知識獲得の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。