教育心理学 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数242
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成26年度に明星大学通信教育部人文学科で合格した「教育心理学」のレポートです。
    皆さんの勉強の手助けになればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 明星大学通信教育部
    000457 教育心理学 2単位目合格レポート 配本年度 2009年度~
    2単位目
    言語の発達と思考の発達について説明しなさい。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    講評
    ポイントを押さえて、論述されています。
    引用・参考文献
    『改訂 教育心理学の最先端』荒木紀幸(あいり出版)
     このレポートでは、言語の発達と思考の発達について説明する。
     まず、一口に言語と言っても、その機能は様々である。故に、ここでは特にコミュニケーションとしての言語の発達について論ずる。
     言葉の前のコミュニケーションについては、音を介したコミュニケーションを生後まもなくから行っている。例えば、乳児は不快感を表すために泣く、叫喚音を発声するといった手法だ。その後、叫喚音とは異なる「アー」と発生するクーイング、そして生後6ヶ月頃からは「バババ」といった喃語を発生する。喃語の働きとしては、構音の練習という側面と、発声自体を楽しむ娯楽的な要素、さらには社会的な要素も知られている。8ヶ月から1歳頃には、社会的側面が強調され、ストレスやイン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。