教育行財政1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数304
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育(人文学部用)
    000456「教育行財政」1単位目合格レポートです。
    配本年度2013年度

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 明星大学通信教育部
    456 教育行財政 1単位目合格レポート 配本年度 2013年度
    1単位目
    1.「教育行政」とは何か。その対象、作用に注目しつつまとめなさい。
    2.教育行政の法律主義をふまえて、日本国憲法第26条の内容を説明しなさい。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    講評
     よくまとめられたレポートであると評価します。教育行政の中心的な任務が教育条件の設備に関する行政であることは確かですが、国が全国的な観点から教育の機会均等と水準の維持確保を図るため、最小限必要な教育内容・方法の基準を設定することは最高裁判決でも認められているところです。その意味で国が定める「学習指導要領」は、最小限基準である限り、合憲といえますが、各学校の教育課程のすべてを規制することは許されないと解されましょう。
    引用・参考文献
    『教育行政と学校経営』樋口修資編著(明星大学出版部)
    1 このレポートでは、まず教育行政について、その対象、作用に注目しつつまとめる。
     もともとは「私事」とされていた教育は、19世紀から20世紀にかけての産業改革の発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。