酵素

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数308
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験酵素科学化学温度変化たんぱく質理解記録ヒト生物

    代表キーワード

    科学

    資料紹介

    理科大の生物学実験の「酵母反応の測定」のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    表1.ダイコンペルオキシダーゼの酵素反応の比較
    オキシドール前
    オキシドール後

    透明(-)
    透明(-)
    水100℃処理したダイコン
    白濁(-)
    白濁(-)
    ダイコン
    白濁(-)
    青紫(++)
    表2.ダイコンペルオキシダーゼ
    ph
    反応
    1
    変化なし(-)
    3
    うすい緑(+)
    5
    青(++)
    7
    青紫(+-)
    9
    うすい黄(+-)
      
    目的
    触媒である酵素の働きを実験を通して理解する。また、酵素の気質特異性、ph依存性、温度依存性についてそれぞれ実験を通し理解を深める。
    材料
    ダイコン、各ph(1,3,5,7,9)の緩衡液(ph依存性)、TMB(テトラメチルベンジン)H2O2(過酸化水素水)、ヒトの唾液、可溶性でんぷん、ヨウ素ヨウ化ナトリウム溶液、温度計、時計
    実験
    ダイコンをおろし、ガーゼでこしたものを酵素液とする。
    緩衡液(1ml)、酵素液(1ml)、TMB(3~4滴)を混合しH2Oを加え反応を開始
    青または緑色の強さを-、+-、+、++で記録する。
    加えて酵素液の代わりに水100℃処理酵素でも行う。
    次にぬるま湯で口内を約3分洗浄したものを酵素液とする。
    でんぷん液と酵素液を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。