法律学概論分冊1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数391
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    なぜ刑法は存在するのか?また刑法を適用する際に求められる諸原則は何か?説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私たちが社会において共同生活を営むときには、そこに一定の秩序を保つことが必要である。秩序を保つためには、いかなる社会であっても、その構成員が守らなければならない規範が存在する。ここで触れる「法」とは、近代国家の法典のように、明確な強制力によって裏付けられた専制的なものでなく、国民一人ひとりが国家と契約する社会契約であり、ほとんどすべての法的関係には権利と義務が発生するのである。
    刑法とは、犯罪とそれに対する刑罰の関係を規律する法であり、「犯罪法」とも呼ばれている。「刑法」という語は、狭義では「刑法」という名の法典を指し、これを「形式的意義の刑法」と呼んでいる。刑法典は、一般的な犯罪に関わるものとして、「一般刑法」と呼ばれている。また広義では、犯罪の成立要件とその犯罪に対して科せられる法律効果としての刑罰の内容を規定した国家的法規範のすべてを指し、これを「実質的意義における刑法」と呼んでいる。
    刑法には三つの役割がある。第一には、刑法が用意されることによって、罪を犯せば処罰されることを知らせることで一般国民に警告を与え、国民に犯罪や非行を行なわないよう抑止力を与えることである。第二には..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。