外国史概説分冊2

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数563
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    辛亥革命について説明しなさい。
    <ポイント>
    1911年に辛亥革命が発生した歴史的背景、辛亥革命の経緯、辛亥革命の歴史的な意義に重点をおいて簡潔に述べること。
    <キーワード>
    革命運動、立憲運動、武昌蜂起、孫文、中華民国臨時政府

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     辛亥革命は『外国史概説分冊1』で取り上げたフランス革命とは異なり、必然にして起こった時系列的な革命である。清朝は1840年のアヘン戦争により、欧米列強と外交で対峙する必要に迫られた。西洋文化を取り入れて近代化を図ろうとする一部官僚や知識人もいたが、文官偏重の伝統的な政治体制では限定的なものに留まった。さらには外国からの脅威を学び、先に近代化を進めた日本に日清戦争で敗れ、ますます列強国に付け入る隙を与えてしまった。海外で学び、帝政では近代化が推し進められないと考えた孫文らが国民主権となる国家を建国しようと立ち上がった。一連の革命運動の主な担い手は留日学生や上海の知識人、華僑たちであった。
    次に辛亥革命の経過について順に説明する。多くの知識人たちは武力革命により清朝を打倒し、共和政の樹立を唱えた。孫文もまたサンフランシスコで興中会を結成し、革命運動に必要な軍資金の調達を開始した。
    1895年から1911年にかけて興中会及び同盟会により10回以上にわたる武装蜂起が行なわれた。これらの蜂起は短期間で収束され失敗に終わったが、革命運動を中国全土に広げていった。
    清朝は国内における革命運動に対抗..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。