教育社会学 第一設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数159
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かをあきらかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて学力の視点から述べてください。
     学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。学歴社会とよく混同される言葉に、高学歴社会がある。「高」が付いただけではあるが高学歴社会とは高学歴の人々が多い社会を意味する言葉である。具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされている。日本はアメリカ合衆国、カナダなどと並び、数少ない高学歴社会のひとつである。重要なことは、教育を重視するという意味以上のものが、学歴社会のなかの教育にはあるということである。明治時代がスタートし、維新政府が必要としたのは、各分野における優れた人材であり、その質的・量的に安定した供給を保証してくれる機構であった。それまでは父の身分が子どもの進路・職業を決定していた。しかし、このようなシステムは明治維新期のような大改革の時期には適さない。欧米と同じスタンダードに立つべく掲げられた「富国強兵」という国家目標を達成するためにも、幅広い分野で相当数のリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。