佛教大学 S0528 道徳教育の研究 リポート(A評価) 最新版!

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数328
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の「道徳教育の研究」のリポートを掲載します。
    3200字を余裕で超えていますが、一応A判定を貰いました。
    参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生きる力の育成と道徳教育について述べよ。
    「生きる力」とは、1996年7月に出された第15期中央教育審議会第一次答申において「新しい教育の目的」として初めて提案された。この時は、「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」考え、①時代を超えて変わらないもの ②社会の変化に的確・迅速に対応する教育、この2つを実現するためには、従来の教育方針ではカバーできず、新たに「生きる力」の育成が必要として掲げられた。
    従来の教育方針はどのようなものだったのか。1998年度の小中第6次改討(実施は2002年4月)にあたって、今までの教育方針では、主に3つの問題点があった。Ⅰ基本は出来ているが、応用が苦手(視野を広げてものを見ることも得意でない) Ⅱ成績は良いが、勉強自体は好きではない Ⅲ道徳教育が十分に確保されていない これらの問題を解消するため、以下の4点が挙げられた。①豊かな人間性、国際社会に生きる日本人としての自覚の形成 ②自ら学び、自ら考える力の育成 ③ゆとりある教育活動の中、基礎の定着、個性を活かす教育 ④創意工夫ある教育、特色ある学校づくり 全体的に見て、「ゆとり」の中で「生きる力」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。