社会的養護:大阪芸短リポート評価、評価【A優】児童養護に関して、近年家庭と社会との相互協調、相互補完の関係性の確立が強調されている。その背景と目指されるべき連携のあり方について考察を加えなさい。NJ13~NJ14対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数511
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童養護に関して、社会的養護の課題、親支援の充実、子どもの進路保障、家族資源に依存する日本社会について述べた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童養護に関して、近年家庭と社会との相互協調、相互補完の関係性の確立が強調されている。その背景と目指されるべき連携のあり方について考察を加えなさい。
     児童養護施設において、退所した子どもの将来、また進学問題など、児童養護施設
    だけでは完結できない課題が指摘されている。以下にその様々な問題点と解決案につ
    いて検討する。
     1.社会的養護の課題
     今現在の課題として重要なのは、社会的養護の再生産の防止である。児童養護施設を退所した子ども・若者たちのその後についてまとめた調査研究は少ないが、施設経験者や職員、退所した若者を支える自立援助ホームの実践等から伺えるのは親と同じく厳しい状況で生き抜いている子どもが多く存在していることである。時として、それが社会的養護の再生産という形で現れる場合もある。親という家族資源が頼りにならないばかりか時として足枷となる可能性がある状況において、児童養護施設は、子どもを保護し養育する「最後の砦」と言われている。それでは、児童養護施設は、子どもたちにとって自己を回復する場所となっているのだろうか。また、大人となって生きていくときに十分な準備をして出発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。