保育教育の心理学4:大阪芸短リポート、評価【A優】夏目漱石の小説「坊っちゃん」よりその問題行動について。NJ13~NJ14対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数809
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    歴史小説より、その中の①問題行動の実態②問題行動の原因③問題行動の解決・教育について述べる。題材は夏目漱石の小説「坊っちゃん」。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     夏目漱石の小説「坊っちゃん」よりその問題行動について以下に記す。
     1.小説の概要
    ①著者:夏目漱石
    ②タイトル:坊っちゃん(夏目漱石全集)
    ③発行年:1987(昭和62)年
    ④出版社:ちくま文庫、筑摩書房
     2.作品の解説
     主人公は東京の物理学校(東京理科大学の前身)を卒業したばかりの江
    戸っ子気質で血気盛んで無鉄砲な新任教師である。漱石が高等師範学校
    (後の東京高等師範学校)英語嘱託となって赴任を命ぜられ、愛媛県尋
    常中学校(松山東高校の前身)で1895年(明治28年)4月から教鞭をとり、
    1896年(明治29年)4月に熊本の第五高等学校へ赴任するまでの体験を下
    敷きに、後年書いた小説である。人物描写が滑稽で、わんぱく坊主のい
    たずらあり、悪口雑言あり、暴力沙汰あり、痴情のもつれあり、義理人
    情ありと、他の漱石作品と比べて大衆的なため、より広く愛読されてい
    る。それ故、青少年への読書課題にも、よく選出され、しばしば、映画
    やテレビドラマの原作や教科書としても取り上げられている。
     3.あらすじ
     赴任先で、天麩羅蕎麦を4杯食べたこと、団子を2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。