家庭支援論:大阪芸短リポート評価、評価【A優】父親の子育て事情と保育士としてのかかわりについて論述せよ。NJ13~NJ18対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数464
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    父親の子育て事情と保育士としてのかかわりについて述べ、男性の育児参加状況について、育児に費やす時間が少ない理由、男性の育児休業の取得意欲、男性の育児休業を阻むものと、実際の自分の会社での育児休業取得状況について記述。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    父親の子育て事情と保育士としてのかかわりについて論述せよ。
     最近の子育てについては、男性も積極的に子育てを楽しむ父親が増え、
    「イケメン」ならぬ「イクメン」と呼ばれ注目を集めている。実際
    私の勤務する保育園でも、父親が送り迎えする光景をよく目にする。
    果たして、男性の子育て参加は、以前より盛んになったのだろうか。
    育児に男性も参加する、新しい時代がやってきたのか。
     同じ子を持つ男子として、これは気になるテーマなの
    である。そういう訳で、この設題をリポートとして選んだ。
     1.男性の育児参加状況について
     統計では小学4~中学生の子どもを持つ父親において、4人に
    1人は、平日はほとんど子どもと接する時間がとれていないという調査
    結果が出ている。出典:オールアバウト=http://allabout.co.jp/gm/gc/294963/
     2.育児に費やす時間が少ない理由
     ①原因その1;長時間労働
     男性の1週間あたりの就業時間が60時間以上という人の割合は、平成
    6年からの10年間で、どの年代においても増加している。
    勤務時間が長くなるということは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。