家庭支援論:大阪芸短リポート評価、評価【B良】家族を取り巻く社会的状況と支援体制について。NJ13~NJ18対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数582
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    家族を取り巻く社会的状況と支援体制について次のキーワードを用いて説明した。「核家族化」「少子化」「男女共同参画社会」「福祉サービス」。また、児童福祉と少子化対策、児童福祉施設の現状、人口動向のひずみと諸問題について述べた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族を取り巻く社会的状況と支援体制について次のキーワードを用いて説明せよ。「核家族化」「少子化」「男女共同参画社会」「福祉サービス」
     日本の人口動向は急速な「少子高齢化社会」に向かいつつあり、
    この話題が毎日ニュースでとりあげられている。今後の日本の社会
    がどう変わっていくか、それに対し我々は何をしなければいけない
    かを今こそ真剣に考えるべきである。
     その点で、今後の日本の家族を取り巻く社会的状況と支援体制に
    ついて明らかにし、「核家族化」「少子化」の問題点と、
    「男女共同参画社会」「福祉サービス」のよりよい発展を考察
    するものである。今回リポートの設題として、このテーマが時節の
    話題と一番ヒットした点である。
     1.核家族の経緯
    日本では、高度経済成長期に人口が都市部に移動したため核家族
    の比率が上昇し、1963年には流行語となった。
     その後は医療技術の発展などに
    より平均寿命が飛躍的に長くなり、それに伴い夫婦二人もしくは
    一人暮らしの高齢者が増加したため
    核家族という家族形態によるデメリットが
    顕著になった。また、夫婦の共稼ぎの増加により下校..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。