保育教育の心理学:大阪芸短リポート、評価【B良】養育環境と子どものパーソナリティ(性格)の発達の関係について、説明せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,177
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    養育環境と子どものパーソナリティ(性格)の発達について、子どもの発達段階ごとの特徴、乳児期の発達、幼児期の発達、乳幼児とそれを取り巻く問題、乳幼児期に重視すべきことについて記述。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    養育環境と子どものパーソナリティ(性格)の発達の関係について、説明せよ。
     子どもをどう育てるか・・・これは簡単なようでむずかしい問題である
    同じ家に生まれた子どもでも、兄弟で性格が違う。ましてや他の家の
    子どもたちとすると、同じ日本の同じ地域に生まれていても千差万別
    である。オギャーと生まれてから、小学校にあがるまで、子どもたち
    はどんな環境にいてどんな育てられ方をするか。その不思議に興味を
    持ったので、この設題をテーマとして選んだ。
     1.子どもの発達段階ごとの特徴
    ○ 子どもの発達は、子どもが自らの経験を基にして、周囲の環境に働きかけ、環境との相互作用を通じ、豊かな心情、意欲、態度を身につけ、新たな能力を獲得する過程であるが、身体的発達、情緒的発達、知的発達や社会性の発達などの子どもの成長における様々な側面は、相互に関連を有しながら総合的に発達する。子どもは、身近な人や自然等との関わりの中で、主体的に学び、行動し、様々な知識や技術を習得するとともに、自己の主体性と人への信頼感を形成していく。
    ○ 子どもはひとりひとり異なる資質や特性を有しており、その成長には個人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。