保育原理:大阪芸短リポート評価、評価【A優】フレーベルの「幼稚園」創設の理念について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数767
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    フレーベルの「幼稚園」創設の理念について、キンダーガーデンの由来、遊具と庭の必要性、後世への影響、「恩物」の開発について記述し、また執筆活動についてまとめた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フレーベルの「幼稚園」創設の理念について述べなさい。
     「フレーベル」という名前はよく聞くし、例の「アンパンマン」で有
    名な「児童書のフレーベル館」でもよく見聞きしているところである。
    幼稚園を創設した・・・という経緯についても興味があるところだし、今
    日の幼児教育の始祖であるところから、敬意を表し今回の設題としたい。
     1.キンダーガーデンの由来
     フレーベルはまずロマン主義の立場から、子供の本質を神的なものとして捉え、この児童観に基づいて受動的、追随的な教育を主張した。園丁が植物の本性に従って、水や肥料をやり、日照や温度を配慮し、また剪定するように、教育者も子供の本質に追随的に、その無傷の展開を保護し、助成するように働きかけなければならないとされ、そこから彼のKindergarten―幼稚園(子供達の庭)という名称が生まれた。
     2.遊具と庭の必要性
     また、フレーベルは人間の発達の連続性を主張し、この立場から子供の共感的理解と、それに基づく教育を擁護し、早期教育に反対した。神を不断の創造者として捉えた彼は、神的本質を有する子供は不断に創造すべきものと考えた。この立..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。