障害児保育:大阪芸短リポート、評価【A優】精神遅滞、運動障害、聴覚・視覚障害、てんかんの各障害について説明し、それらの障害のある子どもへの対応や留意点について述べなさい。NJ13~NJ18対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数440
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神遅滞、運動障害、聴覚・視覚障害、てんかんの各障害について実際の保育の現場の状況において、それらの障害のある子どもへの対応や留意点について記述。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神遅滞、運動障害、聴覚・視覚障害、てんかんの各障害について説明し、それらの障害のある子どもへの対応や留意点について述べなさい。
     障害児保育に関しては、私の勤務する保育園では、特別に障害保育をして
    いない。ただし、健常児の中には、一歳越えても歩くことができず、明らか
    に発達の遅れが見られる子どもや、言葉の発声の遅い子どもも見られる。
     1.1 乳幼児の精神遅滞について
     同年齢の幼児との交流が上手くいかなかったり、言葉に遅れがあったりする場合が多い。染色体異常などの病理的原因(後述)の場合は早期に発見されることが多い。
     1.2.知的障害と学習障害
     学習障害は、読み・書き・計算など学習面に困難があるが、会話能力・判断力などの知能の他の面では障害がない。知的障害の場合は、学習面も含めて、知能面など全般的に問題がある。
     2.1 運動障害について
     「運動障害」とは、その名前の通り運動機能に何らかの障害があることをいう。運動障害は、上肢(肩から指先)・下肢(股関節から足先)・体幹に永続的な障害があり、日常生活において何らかの不自由があると考えらる。生まれつき(先天性)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。