国語:大阪芸短リポート評価、評価【A優】「浦島太郎」の物語について、古代における発生から現代の児童文学-となるまでの経過を説明しなさい。NJ06~NJ14対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数294
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「浦島太郎」の物語について、そのストーリーの変遷と内容について記し、その謎と背景および伝説についてまとめた。また光速移動における「ウラシマ効果」についても言及した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「浦島太郎」の物語について、古代における発生から現代の児童文学-となるまでの経過を説明しなさい
     長野県上松町の木曽川上流には、「寝覚の床」と呼ぶ白い岩の集積する
    河岸段丘がある。ここには延べ20回以上訪問しているが、なぜかここに
    浦島伝説がある。
     寝覚の床は竜宮城から戻った浦島太郎が玉手箱を開けた場所といわれ、中央の岩の上には浦島堂が建つ。臨川寺は、浦島太郎が使っていたとされる釣竿を所蔵する。境内からは景勝寝覚の床を見下ろす。
     こんな不思議な伝説がある場所で、昔から興味を持っていた。UFO説では、
    UFOに連れ去られた浦島太郎が、地上に返還されるが、平たい岩盤は安定
    していて、いかにもヘリポートとしても相応しいし、人目にもつかない。
     そんな興味より、浦島太郎の伝説について整理し、今回の設第のテーマとする。
     1.あらすじ
     漁師の浦島太郎は、子供が亀をいじめているところに遭遇する。太郎が亀を助けると、亀は礼として太郎を竜宮城に連れて行く。竜宮城では乙姫が太郎を歓待する。しばらくして太郎が帰る意思を伝えると、乙姫は「決して開けてはならない」としつつ玉手箱を渡す。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。