大阪芸短、カウンセリング概論、子どもの遊びリポート、成績:A(優)、NJ08~14

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数326
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポート、学校名:大阪芸術短期大学、学科名:通信課程、保育科
    科目名 : カウンセリング概論、作成日:平成24年5月、成績:A(優)、NJ08~14
    キーワード=大阪芸短、保育科、リポート、子どもと遊び、保育室、遊戯室、家庭、保護者、遊戯療法
    参考文献:「カウンセリング概論」大阪芸術大学短期大学部通信教育部発行
    設題:子どもの遊びや表現活動とカウンセリングの共通性を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    リポート、学校名:大阪芸術短期大学、学科名:通信課程、保育科
    科目名 : カウンセリング概論、作成日:平成24年5月、成績:A(優)、NJ08~14
    キーワード=大阪芸短、保育科、リポート、子どもと遊び、保育室、遊戯室、家庭、保護者、遊戯療法
    参考文献:「カウンセリング概論」大阪芸術大学短期大学部通信教育部発行
    設題:子どもの遊びや表現活動とカウンセリングの共通性を述べよ。
    内 容
     保育園や幼稚園などの保育教育施設では、子どもたちが主に活動する部屋として
    保育室や遊戯室などがある。子どもたちが楽しく伸び伸びと遊ぶために、おもちゃ
    や絵本・乗用遊具などが置いてあり、ちょうどカウンセリングで言えば「遊戯療法」
    を行う治療室に近い環境になっている。
     施設環境として遊戯療法のカウンセリングで用意されるような、砂のはいった箱
    庭などはどの園にもないが、時限的に設置して子どもたちの様子を観察するという
    のもよいアイデアと思われる。
     毎日の園での遊びについては、子どもたちがクライアント保育者がカウンセラー
    に近い形で、子どもたちを観察し、話しかけ、指導し、危険な行為..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。