子どもの保健 I 、単位試験解答案、大阪芸短、受験日:平成26年1月、成績:B(良)、NJ13~NJ16対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数433
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    単位修得試験解答案、学校名 :大阪芸術短期大学、学科名:通信課程、保育科
    科目名:子どもの保健Ⅰ、受験日:平成26年1月、成績:B(良)、NJ13~NJ16対応
    キーワード=大阪芸短、保育科、単位試験、解答案、保健活動、安全対策、感染症、生活習慣、こころの問題、健康状態把握
    参考文献:「図表で学ぶ子どもの保健I」、加藤忠明、岩田力 編著:建帛社

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    単位修得試験解答案、学校名 :大阪芸術短期大学、学科名:通信課程、保育科
    科目名:子どもの保健Ⅰ、受験日:平成26年1月、成績:B(良)、NJ13~NJ16対応
    キーワード=大阪芸短、保育科、単位試験、解答案、保健活動、安全対策、感染症、生活習慣、こころの問題、健康状態把握
    参考文献:「図表で学ぶ子どもの保健I」、加藤忠明、岩田力 編著:建帛社
    子どもの保健Ⅰ
    問1。保育の場での保健活動を実践する為に必要なことを述べなさい。
     子どものもっとも大きな特徴の一つは、発育・発達することである。
     子どもが本来もっている発育・発達する能力が十分発揮できるように支援することが、保健活動の目標である。
    (1)。生命の保持に係る保健活動。
     保育所保育指針に示すところの、生命の保持に係る保健活動としては、一人ひとりの子どもの健康状態をよく把握することが出発点である。
     朝、子どもを迎えるとき、親子双方の様子を観察し、家庭での状況を聞き取り、保護者からできるだけ情報を引き出すことを心がける。
     保育所内では、体温の測定、機嫌、食欲の判定は必須である。もし、何らかの疾病が疑われる場合は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。