【家庭支援論】単位修得試験解答案6問分、大阪芸術短期大学通信保育科、NJ13~NJ18対応、H25年12月受験、評価【B良】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数461
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    単位修得試験解答案、学校名 :大阪芸術短期大学、学科名:通信課程、保育科
    科目名:家庭支援論、受験日:平成25年12月、成績:B(良)、NJ13~NJ18対応
    キーワード=大阪芸短、保育科、単位試験、解答案、児童虐待、家庭支援、家族、意味、機能、障害児、在宅福祉、子育て家庭、小子化、男女共同参画社会、在所児家庭支援、地域家庭支援、ファミリーサポートセンター、地域子育て支援センター、市町村保健センター
    参考文献:「保育士をめざす人の家庭支援」、2011年、発行所:株式会社みらい

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    単位修得試験解答案、学校名 :大阪芸術短期大学、学科名:通信課程、保育科
    科目名:家庭支援論、受験日:平成25年12月、成績:B(良)、NJ13~NJ18対応
    キーワード=大阪芸短、保育科、単位試験、解答案、児童虐待、家庭支援、家族、意味、機能、障害児、在宅福祉、子育て家庭、小子化、男女共同参画社会、在所児家庭支援、地域家庭支援、ファミリーサポートセンター、地域子育て支援センター、市町村保健センター
    参考文献:「保育士をめざす人の家庭支援」、2011年、発行所:株式会社みらい
    家庭支援論
    問1。児童虐待に関わる制度・施策と家庭支援についてその現状と対策を論述せよ。
     児童虐待の防止等に関する法律では、児童福祉施設の職員や、児童福祉に職務上関係のある者等に対して、児童虐待の早期発見への努力が規程されている。
     児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに市町村や福祉事務所、児童相談所に通告しなければならないとしている。
     家庭支援としては、下記の施策があげられる。
     児童福祉法による「こんにちは赤ちゃん事業」。(乳児家庭全戸訪問事業)の推進。
    ・生後4カ月までの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。